フローティング

カメラを室外で使うことが多く、さらに水の近くで使うことが多い場合、一番いいカメラストラップはフローティングストラップです。防水のデジタルメラやビデオカメラ用のリストストラップです。

Read more...

速写ストラップ

速写を行う人の場合、速写ストラップというカメラストラップもあります。肩掛けしたストラップにカメラボディをとりつけます。上下へスライドできるので速写を行う人に向いています。

Read more...

グリップストラップ

人気があるのが、グリップストラップというタイプのカメラストラップです。手首に巻くタイプや握るタイプのもので、カメラをしっかり固定することができます。ぶれやすいという人は試してみるのもいいでしょう。

Read more...

デュアルポイント

2天吊りストラップという種類のカメラストラップもあります。カメラに取り付ける先端部分が、2点あるタイプのストラップです。デュアルポイントストラップとも言います。

Read more...

カメラストラップ購入

カメラを取り扱っている所にいくと、さまざまな種類のカメラが販売されています。
現在は携帯電話のカメラもありますが、携帯だけではなく、デジタルカメラや一眼レフを持ち歩く人も少なくありません。
外でカメラを持ち歩く際に、便利なのがカメラストラップです。
カメラストラップはメーカーから販売されている純正のものから、オリジナルデザインのこだわりのものまで多くの種類が売られています。
雑貨屋等でも見ることができ、自分の使用しているカメラのタイプにあえば使うことができます。
また、材質もそれぞれです。中には革を使った素材のものや、伝統工芸の織物を使用したストラップもあります。
多くのものがあるので、最近はストラップにこだわっている方も少なくありません。

カメラストラップを使用する前には、カメラのストラップの取り付け部分と、ストラップの先端テープ幅があっているか確認する必要があります。
これが合わないと、折角購入してもカメラストラップが入らないことがあります。
カメラによって取り付け場所は異なります。事前にチェックしていきましょう。
また、メーカーの純正で推奨されているストラップの場合は、予め入るように作られています。
入らないストラップを買って後悔しないように、しっかりと確認を行うことが大切です。

ストラップを購入する前に、カメラ本体のことを考えることが必要です。
一眼レフを使用している場合、細めのストラップを使用するとストラップが耐えられなかったり、使い勝手が悪かったりすることがあります。
通常一眼レフを使用する場合は、ストラップ幅が太めに設計されています。
反対にコンパクトやミラーレスの場合だと、太めのストラップよりは細めのストラップの方が使い勝手がいいでしょう。
持っているカメラによってストラップの種類を選んでいくことが大切です。

注目の記事


オススメリンク


ハロークリーンセンター

粗大ごみは神戸の業者に回収してもらうと良いでしょう。処分にかかる手間や費用を省けるのでお得ですよね。

リサイクルジャパン

在庫の買取を申し込むなら必見になりますよ。ここなら気軽に問い合わせを行なうことができるので電話してみよう。